インテリアコーディネーターとして日々邁進中。 まだまだ不慣れな事も多く、苦労していますが、子育てに仕事に毎日精一杯頑張っています。


by hitomimamabeauty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

早朝より

今日はいつになく早起きして、熊本出張。
一件の打ち合わせと一件のクレーム処理。
クレーム処理というものは本当に心がささくれだつ。

私の少し歳上の友人に言わせれば、
「仕事はきちんとしなければいけないけど、
あくまで淡々と、そして悩むなんて馬鹿らしい。悩むのは人生において恋愛だけで充分なんだよ。」と。。。

うーむ、そう言われればそうなのだけれども、
やっぱり悩む。
お客さまの気持ちを考えると。

とんでもないクレームならまだしも
こちらにも落度は有ったものならば、
どうにかしてあげようと。

仕事対仕事の場合は、お金で方がついたりするだろうが、
私の仕事はの場合は私は仕事だけれど、
向こうは私事(プライベート)の場合が
多いので、お金で方を付けるという方法を
取れない場合が多く、納得いくまで
話し合いフォローし、時には涙の電話に
1時間付き合い…結構神経擦り減る。
お客様も怒りのぶつけどころがなくて
私にぶつけてくる…そういう場合もある。

私は家を買った事はないけれど、例えば
車を買ってその車がそう乗らないうちに
故障した!となれば、担当の営業さんに
申し出るだろう。でもよくよく考えたら
その営業さんが直接悪い訳ではなく、
組み立てた人、はたまた組み立てる前の段階で、
部品が不良なのかもしれないけれど、
そうだった場合においても
やっぱり営業さんに言うだろう。
世の中そういうもんだなと、
この仕事をしていてよく思う。

でもそういうクレームだけではなくて
喜びの声を直接聞けるのも、
直接お客様と接する我々の特権。
「あなたに頼んで良かった」
「本当にありがとう」
そんな声を聞くと、涙がでる。

辛さも多い反面、喜びも多い、、、
接客業というのはそういうもの、かな?

そういうことを全て踏まえて考えると、
友人のいう「仕事は淡々と」、分からなくもない。
いちいち一喜一憂していたら前には進めない、
そういう事なのかもしれない。

私は年齢上、見た目上、ベテランに見られがちだけれど、
この仕事を始めてまだ三年。
まだまだこの業界では小童だ。

もう暫くは、がむしゃらにやらせてもらおう。
淡々とできるのは、もうちょっとベテランに
なってからということで。

f0101737_6262933.jpg


早朝のマリンライナーからの瀬戸内海
[PR]
by hitomimamabeauty | 2012-04-21 05:59 | 瞳ママのおすすめ!

懐かしの…

いま仕事で毎日通っているマンションの隣に中学校がある。
マンションは中学のグラウンドに隣接していて、
夕刻、窓を開けていると部活動中の学生の元気な声が聞こえてくる。
何となく時間が空いたので、バルコニーから
下を眺めると懐かしい光景を目にした。

f0101737_2261379.jpg


軟式テニス部。


中学の三年間、軟式テニス部に所属しており、相当没頭していた。
私の人生を大きく左右した中学時代。
心友と呼べる2人には部活は違えど、
同じ部長という立場から仲良くなり、
以来25年程の付き合い。

また今、硬式テニスをし、ストレス発散しているのも中学の時の経験故。

そして先月から娘にもテニスを習わせ始めた。
最初、おそろしく下手くそでビックリしたが、さすが子供。
上達がはやい。
この分だと抜かれてしまうのは直ぐだ。
私は老いていく身、娘は成長していく身。

話は逸れたが、中学時代の部活というものは、
初めての上下関係、
小学校まで仲良く、いわゆるタメ口で遊んで
いた近所のお姉さんの事までも
○○先輩と呼ばなければいけない違和感あるルール。
そんな事に戸惑いながらも従い、自己形成をした時代。
しかしあの経験こそが、今の私の原点であるると思えば、
なんとなく誇らしくもあり、恥ずかしくもあり。

その帰り。
夕焼けが綺麗だった。
中学時代もテニスコートからよく夕焼けを見ていたな。
懐かしい。

f0101737_2262212.jpg


あの頃に戻りたいとは思わないが、とにかく懐かしい。
[PR]
by hitomimamabeauty | 2012-04-16 21:48 | 他愛ないこと

2月のとある日

2月のとある日、仕事先の熊本であまりに時間を持て余したので
阿蘇山に行こうと急に思い立った。

どうせなら電車に乗って行きたくなって、
わざわざ鈍行を選び、
ゆらゆら揺られる事、1時間半。

阿蘇山行は坂道がすご過ぎて電車が一気に
登れないらしい。
スイッチバックというジグザグ運転をしながら
のんびりのんびり登って行く。
初めて乗った私は
「なんで引き返すんだろう…止まるとこ間違えたのか」などと考える。
しばらくすると車内放送でスイッチバックの説明をしていた。
初めての経験に結構ドキドキ。

f0101737_14592964.jpg



着いた阿蘇駅は柱も壁も、
エアコンの室外機までも全て真っ黒。
実に重厚感のある駅。

その先はタクシーかバスの選択。
バスも土日ならいろんな観光バスが出ていて、
本当は阿蘇山火口に行きたかったのだが、
火口に行くほど時間はない。
私の持つ時間内で行けそうな観光バスを探すと、一つしかなかった。
大観峰行。聞いたことのない観光地だが、
私に選択肢はない。
もちろんタクシーを使えば火口にも行けるけれど、
タクシー使っても面白くないなぁと…。
で、大観峰行のバスに乗ってみた。
驚いた事に乗車した観光客は私一人。
ラッキー。大きな安いタクシーだ。

f0101737_14593022.jpg


阿蘇山火口を反対側から見られる観光スポット。
お喋り好きな運転手さん曰く、今日は火口に行っても
天気悪いし、風の具合で近くにいけないし、
雪で足元悪いし、
大観峰に来るのが正解だよ、と。

ほんとかな?と思いつつ、到着すると
結構な数の観光客。

阿蘇山が一望できた。

f0101737_14593198.jpg


釈迦の涅槃像。


空気も新鮮でかなりのパワーを蓄えられた気がした。
熊本とも三月の仕事が終われば当分おさらば。
しっかり脳裏に焼き付けておこう。

f0101737_14593256.jpg


そして思い出の品も。
子供達へ買ってかえったお土産、
くまもんグッズ。
去年の全国ゆるきゃらNo.1キャラクターだ。

実に可愛い。
ガラにもなく、くまもんグッズかなり持っている。
、、、可愛いな。
[PR]
by hitomimamabeauty | 2012-04-15 14:32 | 瞳ママのおすすめ!

美しいもの

人それぞれ、美しいと感じるものは違う。
私は比較的、曲線のフォルムに美しさを感じる事が多いようだ。
先日もあるショールームに行った時に目を奪われた照明。

f0101737_14173651.jpg


Lotus Flower/浮花

LEDを使った照明でこんなに美しいものは
初めて見た。
私の大好きな花、Lotus。
[PR]
by hitomimamabeauty | 2012-04-13 14:01 | 瞳ママのおすすめ!

お花見

先日の事だが、仕事で東京に行ってきた。
この時期に行くと、どこに行っても実に桜が見事だ。

まずは目黒川!
f0101737_1402124.jpg


前を見ても後ろを見ても上を向いても、
ずぅっと先を見ても、全部、桜。
圧倒的な美しさに感動。

そして夜は五反田にあるTokyoDesignCenterのパーティに出席。
20年前にこの地に建てられた建物。
20年経ても、色褪せる事なく美しい。
建物デザインはMarioBellini。

裏山のLightupされた桜がこちら。
f0101737_1402320.jpg


溜息が出る美しさだった。
[PR]
by hitomimamabeauty | 2012-04-13 13:41 | 今日の出来事